プロフィール

R・セガール

Author:R・セガール
FC2ブログへようこそ!

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

フリーエリア

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

the Naked Moon
覚え書き。 美少女ゲームについての話題など。 http://kizunajigoku.web.fc2.com/ のコンテンツとして使用中。 田舎が舞台のゲームを特に好む。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

White-Lips Vocal Collection 2
遅ればせながら、White-Lips Vocal Collection 2を購入してきました。
lightさんの作品や、くすくすNYAONコンビによる作品などに多く楽曲を提供されている
White-Lipsさんのヴォーカルアルバム第二弾です。
G-WAVEさんからClass Wordsというアルバムが出ているので、第三弾というのが正しいでしょうか。
夏コミ二日目頒布開始だったのですが、二日目は所用で会場に行けず、
その後はなんだかんだで出費が続いてずるずると飼うのが遅くなってしまいました。

さて、今回のアルバムですが、さくら/さくらんぼシュトラッセ、
R.U.R.U.R.Uなどの作品に提供された楽曲が計14曲。
詳しくはTynwald music公式で。
R.U.R.U.R.UのBGMをヴォーカル曲にアレンジしたものが5曲入っているのと、
『そして明日の世界より――』の特典でしか聴くことができなかった『Kiss』が収録されているのが
大きなポイントでしょうか。

買った帰路でポータブルCDにぶち込み、今の時間まで10回ほどリピート。
繊細で透明感を持ちながら、独特の甘さを感じるヴォーカルはますます磨きがかかっている感じ。
『Little Riddle』の英語歌詞の部分や『デイジー』全体、
『神様のりんご』の「I love you~」の部分などはとろけるような感覚さえします。
『誓いの言葉』もそうでしたが、『片思い日記帳』の、歌詞には幸福感が満ちているのに
聴き手にどうしようもない切なさを感じさせる所は不思議。
特徴的な弦の使い方も健在です。
『うらなふ花は散りぬれど』では、今までの楽曲では見られなかった和風アレンジが。

今回の収録曲が使用されているゲームのうち、プレイ済みなのは『さくら/さくらんぼシュトラッセ』と
『そして明日の世界より――』のみ。
『R.U.R.U.R.U』や『タペストリー』は体験版をやって興味は持っていたのですが未プレイ。
ゲームをやると曲のイメージも膨らむと思うので、近いうちに購入したいと思っています。

テーマ:ゲーム音楽 - ジャンル:ゲーム

田舎ゲー紹介を更新
私のサイト、the Naked Moonにて、田舎ゲー紹介記事を新たに5タイトル追加しました。
現在25タイトルの紹介記事を掲載中です。
田舎が舞台のエロゲーが好きな方はどうぞ。

田舎プラス理多さんということで個人的に期待度マックスの『鬼うた。』のバナーを貼ってみました。
まだ予約してなかったけど、予約キャンペーン特典ってまだ大丈夫でしょうかねぇ。
大概の場合は多少オーバーしても大丈夫だからあまり不安は抱いていませんが。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

凌辱ゲーム規制に関して
凌辱ゲーム規制に関して

このたび、コンピュータソフトウェア倫理審査機構(通称ソフ倫)において、
凌辱ゲームと呼ばれるジャンルのゲームの製造、販売を規制する旨の決定がなされました。

あくまで業界の自主規制という形ではありますが、
薄弱な根拠によって凌辱ゲームを悪と断じ、排除しようとする報道や一部代議士、人権団体の動きが
今回の規制につながったのは明白であり、遺憾の意を表さざるを得ません。

現在、与党内では凌辱ゲーム規制のための検討チームが組織されています。
法規制を回避するための自主規制、という意味合いはあるのかもしれません。
しかし、自主規制によって本当に法規制が回避できるのか、ということについては疑問を感じえません。

凌辱ゲームの是非はともかく、かような形での規制がまかり通ってしまうと、
為政者の恣意的な解釈により表現の自由が侵されるようになる危険性が生まれます。
凌辱ゲーム、ないしはいわゆるエロゲー全般に興味が無いから関係ない、
と思っている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、漫画やアニメ、ドラマに映画小説など、凡そ表現物を好まない人はいないと言って良いでしょう。
あなたの好きな漫画や小説も、今回の件と無関係ではありません。
積極的に反対しろとまでは言いません。
しかし、すべての人にとってこれは決して対岸の火事ではないということ、それだけは頭に留めてください。


今回の件に関してはちょっと見過ごせなかったので、書いてみました。
文面は、リンクにある私のサイトトップに貼ったものです。
私自身は専ら田舎を舞台にした純愛ゲーをプレイしており、実は凌辱系を買ったことは無いのですが、
この件が対岸の火事だとは認識していません。
本文中にあるとおり、読者の方に積極的にこの問題にかかわってほしいとまでは言いません。
ただ、恣意的な表現規制の危険性、それだけは頭の片隅に留めておいて欲しいと願っています。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

ホラーサウンドノベル『隣人』
Rosaliaさんが無料公開されているホラーサウンドノベル『隣人』をやってみました。
緒田マリさん、民安ともえさんなど美少女ゲームではおなじみの方が出演されています。

知らず、いわゆる「曰く付き物件」に入居してしまった主人公、悠木佳枝。
入居早々怪奇現象に悩まされていたところ、上階の青年、久松大吾に助けられる。
大吾の姉はかつて佳枝と同じ部屋で暮らしていたが、怪奇現象に精神をやられてしまったという。
佳枝と大吾は協力して怪奇現象の謎に迫ろうとする……。

というのがストーリー。
ホラーもののつかみとしてはまあ良くあるといえば良くある話ですが、
キャラクターの描写が上手く、自然に話に引き込まれていく感じです。
ドアから覗く白い手、壁に浮き出る人型、激しく叩かれる窓や壁、といった
読者をドッキリさせる仕掛けも上手いと思いました。
兼ね役が多いのが気になりますが、声優さんもキャラクターに合っている感じです。
このノベル、毎週一節ずつアップデートされていまして、現在まだ完結していないので
ストーリーについての評価はまだ保留。
*原作となる小説は完結しているみたいですが、ゲームのほうが楽しみなので私は未読。
不満点を上げるとすれば、序盤から展開が性急過ぎるところ。
それから、背景がモノクロの場面とカラーの場面があるのですが、
モノクロとカラーの使い分けをもっと上手くやれば演出が良くなるのでは、と思いました。
今のところ、第二十五節までが公開されています。
無料なので、興味を持たれた方はやってみてはいかがでしょうか。

Rosaliaさんのサイトはこちらから。

Rita's Hour 12.5~magnet + ism = α~
Ritaさんのライブ、Rita's Hour 12.5へ行ってきました。
今回の会場は渋谷。
大学のキャンパスがすぐ近くで、数年間渋谷の某カレー屋でバイトしていた経験もあり、
自分にとっては何気に馴染みの深いところ。
3時半過ぎまで用事があったこともあり、着いたのは開園15分前。
今回はかなり広い会場なので、バーカウンターでビールなんかを飲みつつ
後ろの方でゆっくり聴かせてもらおうと思っていたのですが、
入ってみるとかなりびっちりの状態でびっくり。
キャパが1100人とのことでしたが、8割以上は入っていたのではないでしょうか。
後ろでまったり、というわけにもいかなそうだったので、なるべく前のほうへ行くことにしました。
会場はフロアの中ほどに柱が二本立っているつくりで、
見通しの悪い柱周辺は人口密度が低かったので、柱周辺でまるべくステージが見やすい位置を確保。
今回の公園は追加公演と言うことなので、曲目は前回同様『magnetism』からのナンバー中心。
ただ、アンケートを反映して『乙女学入門』『ハルハナノイロ』『コイノニア』なんかが追加されていました。
それと、可愛い系の曲を歌うデンジャラスタイムは最初にきました。
ライブのクオリティに関しては言うことなしですね。
デンジャラスタイムの作った声を出さなければならない曲では若干の不安定さが垣間見えましたが、
そのほかの曲はバッチリでした。
最後まで喉を痛めることも無く歌いきるところは本当に凄いと思いますね。
Ritaさんの場合声量がハンパないので、ライブだと大迫力です。
前回の公園のときも書いたと思いますが、特に『スピカ』は圧巻です。
この曲のあと、会場内から鼻をすすり上げる音が多く聞こえたのは気のせいではないでしょう。
私も泣きましたし。
最後はリトルバスターズ!ver.Jamperで締め。
今回も、会場が一体となったすばらしいライブでした。
前回公園ではバンドのソロパートをかき消すようなコールが入ったりしていたのですが、
今回はそれがほとんどなくなっていたのが個人的に嬉しかったですね。
最初にRitaさんが「バンドの演奏聴いてあげて」的なことを仰ったのも大きいかもしれません。
というわけで、今回のレポートはこの辺りで。
次のライブが楽しみで仕方ありません。
しかし、前回のアストロホールキャパ400人で満員、今回の渋谷duoキャパ1100人で7,8割だと
つぎのハコ選びが大変そうですねぇ。

テーマ:ゲーム音楽 - ジャンル:ゲーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。