プロフィール

R・セガール

Author:R・セガール
FC2ブログへようこそ!

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

フリーエリア

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

the Naked Moon
覚え書き。 美少女ゲームについての話題など。 http://kizunajigoku.web.fc2.com/ のコンテンツとして使用中。 田舎が舞台のゲームを特に好む。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

message
先日の記事でも触れたコンピレーションアルバム、『message』を購入しました。
23日には手に入れていたんですが、聞き込む暇があまりなかったため
ちょっと遅れて感想などを。
主にギャルゲエロゲ、アニメ方面での活躍が多い女性ボーカリストと、
コンシューマゲームの世界での超ビッグネーム作曲家のコラボ曲が収められたアルバム。
ファミコン時代からゲームっ子として育ち、長じてはエロゲオタにクラスチェンジした私。
霜月はるか&桜庭統なんて組み合わせを見せられたら買わないわけにはいきませんよね。
ファーストインプレッションを大事にしたかったので、WEBの視聴曲は聞きませんでした。

はのじめに言っておきますと、特定の作曲家、ボーカリスト目当てだと
コストパフォーマンスがよろしくありません。
コンピレーションアルバムなので仕方のないことではありますが。

曲目はそれぞれの作曲家の個性が出ていて、バラエティに富んでいます。
良く言えば飽きが来ないつくりなんですが、
アルバムとしての統一感がないとも言えるでしょうか。
このへんもコンピなんでしょうがないんですけどね。
RPGオタである私が気になっていたのはやはり桜庭氏と伊藤賢治氏の曲。
前者は荘厳な感じ。
桜庭氏が手がけた作品で言えば、ヴァルキリープロファイルのイベントシーンで使われても
違和感がないかな、といった印象の曲。
後者はメロディアスな一曲。
ピアノをはじめとした弦楽器中心のアレンジにDucaさんのボーカルが乗っています。
イトケン作曲のゲームをすべてプレイしたことがあるわけではないですが、
ゲームではあんまり聴いたことのないタイプの曲に思えました。

ほかに気に入った曲としては、
05.「Angelic」 いとうかなこ×岩垂徳行
グランディアシリーズの作曲家とニトロ作品でおなじみのいとうかなこさんということで
壮大な感じの曲を創造していましたが、物凄くポップでキュートな歌でした。
いとうかなこさんのこういう歌は新鮮でちょっとびっくり。

06.「歌声にのせて」 癒月 × 中河健
落ち着いたピアノに癒月さんのしっとりとしたボーカルが良く合っています。

10.「片羽<カタハ>のコトリ」 みとせのりこ × 弘田佳孝
みとせのりこさんが主題歌を歌っているゲームは何本かプレイしたことがあるのですが、
いままであまり意識してきいたことがありませんでした。
この曲を聴いてびっくり、すごく良いじゃないですか。
歌唱力も独特の声の出し方もいい。
これは、今度から要チェック対象に入れないといけませんね。

さすがにゲームの世界で実績のある人たちを集めただけあって、
どの曲も請っていてクオリティが高いですね。
ただ、桜庭伊藤両氏にはゲームの戦闘曲を作るノリで作曲してもらったら
面白かったかなぁとも思ったり。

あと、曲によっては若干ボーカルが引っ込んで聞こえたり
曇り気味に聞こえたりしする気がしました。
複数のヘッドホンを使い分けられる環境をお持ちの方なら、
なるべくボーカルがクリアに聞こえるものをチョイスしたほうが良いと思います。
私の手元にあるもので例を挙げればER-4S、SR-60なんかがいい感じ。

message特設サイト
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム音楽 - ジャンル:ゲーム

コミケが開幕しましたが
C75本日開幕。
ですが、私は金欠&所用のため今日明日は不参加。
ここ数年はほぼ全日程、買うものがなくてもなんだかんだで会場までは行ってたんですが。
企業ブースも、お気に入りのゲームブランドさんが結構落ちてたり不参加だったりで。
今日なんかは暇だし天気も良いので会場までは行こうと思いましたが、
布団でだらだらしているうちに午後2時に。

三日目だけは毎回買ってるサークルさんの所に行って、
あと毎回恒例の蒼木うめ先生のサークルで列整理を見てくる予定。
ただ、始発に乗って並ぶ、ということは多分ないでしょうねぇ。
バンド+エイト、message、Ritaベスト
チェンバースレコーズレーベル設立5周年アルバム、『バンド+エイト』を購入しました。
片霧烈火、茶太、中原涼、真理絵、Mint、癒月、Rita、Riryka(敬称略)と、
エロゲーマーなら誰もが一度は名前を聞いたことがあるようなメンバーばかりを集めた
オムニバスアルバムとなっています。
それぞれの曲ごとに丁寧なアレンジがされていて、ボーカリストの持ち味が
存分に発揮されていると思います。
1曲を除いたすべての曲が打ち込みではない生音で、普段聞きなれている
ゲーム主題歌的なつくりとは一味違った印象。
全体的に良曲と言っていいできであると思います。
しかしながら、13曲中3曲がインストなので、ボーカリスト目当てだと
若干コストパフォーマンスが悪く感じてしまうのが玉に瑕でしょうか。
参加ボーカリストの中で3人以上お気に入りの人がいるならば元は取れる、
という感じでしょうか。
収録曲の中で個人的なお気に入りは
02.紅のダイヤモンド テクノ調(?)ののりのいい曲。
06.Tears of lotus~蓮の涙~ 綺麗なメロディラインにRirykaさんのVoが良く合っています。
12.Hand-clap やたらに可愛らしい曲。
といった感じでしょうか。
しばらくは電車移動時などのお供になりそうです。
チェンバースレコーズの公式サイトはこちら
試聴もできます。

もう一つアルバムの話題。
TEAM Enterteinmentによるコンピレーションアルバム、『message』です。
エロゲーマーなら誰もが聞いたことのあるようなボーカリストに、
コンシューマゲーム界の超有名作曲家が曲を提供するというアルバムになっています。
オフィシャルサイトを見ていただければわかるのですが、
桜庭統さんや伊藤賢治さんなど、スマブラ新作でも製作するのかというくらいのメンバーです。
12月24日発売予定です。
特設サイトには、試聴曲のほかに参加ミュージシャンのボイスメッセージがあります。

そして、まだ詳しいことは発表されていませんが、
来年Ritaさんのニューアルバムがランティスから発売される模様。
要チェック。

1月6日追記
アクセス解析で「message、Rita(ほかアーティストさんの名前)」で検索して
この記事にたどり着く方が多いようなので。
『message』についての感想もアップしてあります。
2008年12月28日の記事へどうぞ。

テーマ:ゲーム音楽 - ジャンル:ゲーム

ヨスガノソラ
「ヨスガノソラ」感想です。
特典狙いの即売りやらで、大幅な値崩れが話題になっていまして、
私が予約分を引き取りに行ったときには既に未開封品が3980円でしたが、
そんなことは気にしないぜ!とばかりに新品で購入。

まず、私の専門であるところの田舎ゲーとしての視点から見れば、
これはなかなかの良作といえるでしょう。
まず、背景CGは枚数もかなり多いですし、クオリティも問題なし。
強いて言えば、もう少しコントラストを抑え目にしてもらえると
より雰囲気が出たんじゃないかなぁと思いました。
まあ、実際の日本の野山の緑はかなり濃くて鮮やかなんですが。
主人公宅の内装はかなりいい雰囲気が出ててグッド。
音楽は印象に残らない感じでしたが、悪くはないと思います。
主題歌、特にEDが若干イメージにそぐわない感じではありました。
コンビニなし、移動販売車、近所の農家からおすそ分け、など
生活観のあふれる日常描写はなかなか。
総合的にみて、高レベルにまとまっているといえるでしょう。

一般的な純愛ゲーとしてみた場合、これは評価が難しい。
決して酷い内容だとか、未完成だとかバグ満載だとかいうわけではないんですが。
メインヒロインの妹キャラで、穹(そら)というキャラクターがいるんですが、
なんというかこのゲームは「穹ゲー」なんです。
穹ルートが一番シーンも多くボリュームがあるということのもあるんですが、
ほかのヒロインルートでもとにかく穹が肝心なところで出てきたり。
体験版やオフィシャルのキャラクター紹介で穹が気に入った人ならたぶん元は取れるでしょう。
怒る穹、むくれる穹、拗ねる穹、驚く穹、照れる穹、デレる穹と、
もう穹を味わいつくすためのゲームと言っても過言ではないんじゃないかと。
一応申し上げておくと、ほかのキャラクターのルートがおざなりになっているわけではありません。
少なくとも平均的な水準は満たしているといえるでしょう。
ただ、あんまりに穹のインパクトが強かったというか。
ということで、一般的な純愛ゲーとしてのレビューはほかのサイトさんを探してください。
まあ、随分値段も下がっていますので気になった方はお手にとってみては。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。